東野 友樹

VOICE 02

仕事内容

入社10年目の土木部主任です。最近は現場代理人として、工事を任されるようになりました。現場代理人として、人工リーフ工事?耐震補強工事?地盤改良工事など経験しました。

大変だったこと

専門用語が多いので入社したころは先輩たちの会話の意味が解らなかった。

仕事のやりがい、達成感

単純に「ものづくり」が好きで入った業界ですが、私が今感じるやりがいは、工事中のたくさんの人との関わり合いです。発注者?作業員?近隣住民の方々と会話をし、その中で様々な現場の問題点を解決し工事を進め、無事に工事を完成させるこのプロセスが達成感を生み、やりがいを感じます。

逆に思っていたことと違ったこと

怖いおじさんばかりが工事現場にいるんだと思っていたけど、実際はおちゃめなおじさん達が笑いながら仕事をしている。

志望した動機

昔から工作など「ものづくり」が好きで、次第に大きな「もの」を作りたいと思うようになり、土木の学科を受験しました。

入社の動機

就職の際には、実家の近くに海水浴場がある千里浜があり、小さなころから海に慣れ親しんできたことから、海洋土木工事も行っている今の会社を選びました。

将来像

千里浜を守りたい!

同僚、先輩、業界全体としてかっこいい思うこと

普段の生活を、当たり前に守っていてかっこいい業界だと思う。建設業は、住んでいる家、通勤?通学時に通る道、学校やオフィスビルを造り維持も行う。そして、地震など天災時に前線で活躍するのも建設業。もっと褒められてもいい建設業(笑)。

休日のすごしかた

子供が3 人いますので、週末はどこか子供と遊びに出かけています。この時に、過去自分が携わった現場の近くを通るときに「この公園、父ちゃんが作ってんぞ」などと、格好付けて子供に言うのが楽しみでもあります。

求職者にメッセージ

建設業は今まで良く3K といわれるように「きつい」「汚い」「危険」といったイメージがあるかもしれませんが、自分は「かっこいい」「感激」「快感」の3K で、とてもやりがいのある業界だと思います。ぜひ一度、インターンシップ制度等を活用し建設業をのぞきに来てください。最近では女性の職員「けんせつ小町」も増えているので、イメージも変わると思います。建設業は身近にあたりまえにある道路?橋?家などを作り、維持を行ってたくさんの人々の生活を支ています。必ず「誇り」を持てる仕事だと思うので、建設業に飛び込んで来て下さい。