浅野川橋梁 山側P4橋脚工

浅野川橋梁 山側P4橋脚工

プロジェクトの概要?背景

金沢外環状道路 海側幹線は、「国道8号」、「北陸自動車道」、「のと里山海道」を連結し、加賀?金沢?能登の連携強化を目指す地域高規格道路です。
今回施工を行った「(仮称)浅野川橋梁」は、海側幹線Ⅳ期区間の金沢市大河端町~福久町までの3.2kmの一部となり、金沢市内を流れる浅野川や北陸鉄道 浅野川線を跨ぐ道路橋です。

完成すると橋長600mの橋梁となり、能登島大橋、内日角大橋に次ぐ、石川県が管理する橋梁の中で3番目の長さとなります。

大変だったこと、やりがいなど

この現場は、北陸鉄道 浅野川線と近接していたため、使用する重機(杭打ち機械など)の配置に注意しました。
また、軟弱な地盤上での場所打ち杭の施工であったため、その杭打ち精度を確保するための建設機械足場の工夫や掘削管理を行いました。
さらに、冬期における品質の高いコンクリート構造物を目指して、打設および養生に工夫することで、見栄え、質ともに良いコンクリート構造物に仕上げることができました。

達成感、プロジェクト成功を経て想うこと

今回の橋梁下部工事では、石川県を代表する「海側幹線Ⅳ期プロジェクト」に携わることができ、技術者として大変光栄に思っています。
今後、浅野川橋梁が架設することで人や物流における交流の利便性が向上し、社会に貢献できたことを嬉しく感じます。

今後、加賀建設で活躍するであろう新人に向けてのメッセージ

公共事業に携わることは、大きな『社会貢献』であるとともに、多くの人々との『出会い』があります。
『出会い』を大切にし、現場での失敗や困難に恐れずに、私たちと一緒に頑張りましょう。

プロジェクトメンバー

【加賀建設株式会社】
土木部 次長 梅村 崇 
土木部 係長 木下 芳彦
土木部 係長 小山 勇治